センターについて

センター開設にあたって

わが国では21世紀の半ばに国民の3人に1人は65歳以上という超高齢化社会の到来が予測されています。超高齢化により整形外科で取り扱う運動器疾患は確実に増加してくると考えられ、その中で変形性関節症の急激な増加がマスメディアでも盛んに取り上げられています。

我が国の変形性膝関節症の患者は、潜在患者を含めると約2000万人ともいわれ、毎年約90万人が発症しているという報告があり、今後さらに患者数が増えると考えられます。

しかし、過去のアンケート調査でも報告されていますが、膝が痛くても約70%の方が病院に行かないで経過をみているといわれ、特に末期関節症の方の中には日常生活でかなり不自由であるけれども年だから、治らないからと諦めている方も多くいらっしゃいます。
これはわれわれ整形外科医の患者さんに対する整形疾患の啓蒙不足、すなわち努力不足と考えます。

当センターは変形性関節症や関節リウマチで寝たきりに近い状態になる方を少しでも減らしたい、元気に今までどおりに過ごして欲しい、少しでも健康寿命の延伸に寄与したいという考えに基づき開設いたしました。

センター長 川村 大介

安全な手術にあたって

当院では、人工関節手術を行う患者さんに手術前の循環器の状態把握として、富良野協会病院 循環器内科での精査を行ってもらいます。
人工関節手術を受ける方が高齢化しており、手術前に心臓を含めた循環器などの精査をすることは術後の内科的合併症を防ぐ意味でも重要と考えております。
麻酔は、旭川医科大学 麻酔科との全面的な連携を取っておりますので御安心下さい。

緊急手術時にも対応が可能となっております。

センター長 川村 大介 副センター長 川村 澄人

センター概要

名称 医療法人社団 かわむら整形外科 リウマチ・人口関節センター
診療科目 膝専門外来・肩専門外来・腰専門外来、スポーツ外来・リウマチ外来
住所 〒076-0011北海道富良野市末広町6-20
電話番号 0167-22-4341
ファックス 0167-22-4362
院長 川村 五郎
副院長 川村 大介
連携医療機関 富良野協会病院、北海道整形外科記念病院
駐車場 有り
診療内容 健康診断の実施、骨粗しょう症検診、首・腕・肩・腰・足・膝・アキレス腱の健康相談
医療法人社団かわむら整形外科 リウマチ・人工関節センター

膝専門外来を中心にスポーツ外来、一般外来を診察をしてます。
正確な診断にもとづく治療に心がけています。

【 リウマチ科 / 整形外科 / リハビリテーション科】
〒076-0011北海道富良野市末広町6-20【 地図
Tel:0167-22-4341/Fax: 0167-22-4362

(c) Kawamura Orthopaedic Specialist. All rights reserved.

カワムラメディカルグループ